2007年05月25日

ダイエットを公言

キャベツダイエット、これまで密かに取り組んでいた人も多いのでは。失敗したときのこと考えると、成果が上がるまでは、友だちや会社の同僚にも内緒。失敗したとき、またか、なんていわれそうで、かっこ悪い。そんな気持ちじゃないでしょうか。

ダイエットなんてどこ吹く風って顔して、スリムになった自分を自慢したい。そんな人もいるでしょうね。

上手くいけば、同じ悩みを持つ人から羨ましがられ、ちょっと優越感味わえるかも。でも、密かに続けるというのは、孤独な戦い。もし、あなたが一人暮らしなら、もっと孤独。協力者はいないより、いた方がずっとスムーズにダイエットは続けられる。

そう、あなたが挫けそうになったとき、一言声をかけてくれる友だちがいるだけでも、全然違う。あなたがダイエットしてること知らなければ、ランチであなたがついうっかり揚げ物注文しようとしても、何もいってくれない。

それにダイエットしてることがみんなに知れ渡ると、なかなか後には引けなくなる。維持でもキャベツダイエット続けなきゃって心境に。このプレッシャー、かなり大きい。

あなたが頑張ってる姿見て、友だちもダイエット始めるかもしれない。密かに成功して自慢したいなんて思わないこと。友だちも巻き込み、いい意味で競うことも継続の秘訣。お互いが監督役になる。意地の張り合いは避けなきゃいけないけど、適度な緊張感はダイエットを続ける上で強力な武器。
posted by トキコ at 08:41| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。