2007年05月16日

キャベツを食す

もちろん、キャベツだけ食べてたんじゃ、栄養失調に。ダイエットになれば、何でもいいってわけじゃない。ダイエットに成功しても、ボロボロになったんじゃ、何のことやら。

キャベツを主食に。つまりご飯やパンの代わりにする。その分炭水化物の摂取を減らすことに意味が。でも、たまにはキャベツの代わりにレタスとか白菜とかもバリエーションに加えた方がいいかも。

まあ、それほど代わり映えはしないかもしれないけど、そこはダイエットという目的のため、少しでも工夫して継続あるのみ。

おかずは少な目に。しかも油分は極力控える。動物性タンパクは適度に。油を使わない調理法で。栄養が偏らないように、しかもカロリーも抑え過ぎない。仕事や家事で消費する分はしっかり補う必要が。最低限のルールを守んなきゃ、ダイエットは長続きしない。

効を急いちゃいけない。ゆっくりと時間をかけて。あなたが長年かけて蓄えてきた脂肪。1か月や2か月で落とそうなんて、どだい無理な話。くどいようだけど、効を急かない。健康のためのダイエットだという意識を忘れないように。このキャベツダイエット、魔法のダイエット法じゃない。

そしてキャベツだけに依存しない。よく噛む。よく噛めば、満腹中枢を刺激し、より早く満腹感が得られるようになる。何もキャベツダイエットに限ったことじゃない。すべてのダイエットの基本。

この庶民向きのキャベツダイエット、キャベツが好きで、大らかな気持ちで取り組める方には、お勧め。サロンに通う必要もないし、特別な準備も高額な投資も必要ない。それこそ始めようと思えば、今日からでも。とにかく気長にね。
posted by トキコ at 08:51| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。