2007年05月14日

キャベツの力

このキャベツ、ダイエットに用いるには、かなりの優れ物。というのも、食物繊維やビタミンCなどを豊富に含んでいるのに、低カロリー。100gあたり23kcalほど。ほとんどが水と食物繊維。

葉はやわらかく、癖のない味なので、色んな料理に応用できる。しかも品種を変えればほぼ一年中手に入る。冷蔵庫に入れておけば、結構長く保存できる。アイデアと工夫次第でバリエーションは豊富に。繊切りにして焼肉や豚カツの付け合わせにする程度じゃ、芸がなさ過ぎる。

ロールキャベツやスープの具にするだけじゃなく、日本料理にも応用できる。水炊きやすき焼きにだって結構相性がいい。もっとも、ダイエットとなると、何でもかんでもキャベツを使えばいいってもんじゃない。すき焼きはどうか控えめに。

ここで一点注意。繊切りについて。キャベツを繊切りして水に浸しておくと、水分を吸収して膨張するため量が増え、みずみずしさを保っているように見えるけど、ビタミンCなどの水に溶ける栄養素は減ってしまう。

ダイエットのためじゃなく、栄養を無駄にしないためにも、食べる直前に切るのが、もっとも理想的。

posted by トキコ at 09:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。