2007年05月30日

イメージがダイエットを促進

イメージトレーニング。やってるかな?ダイエットにはとても有効。ダイエットに成功人の多くは、食事療法や運動以外にも取り入れてる。この方法見逃す手はない。お金も時間もかからない上に、結構いい気分。

スポーツ選手や俳優さんなんかもよくやってる。この方法バカにしちゃいけない。専門家も推奨してるんだから、ダイエットに燃えてるあなたが取り入れないなんてもったいない。

難しく考える必要なんてない。ただ自分の頭の中で理想の自分を思い描くだけ。1日に1度。寝る前に10分。目標とするモデルさんになり、自信に満ちた表情をしてる自分。

どうせ無理なんて考えちゃダメ。きっとモデルさんになれる。その思いを自分でうち消しちゃイメージトレーニング続ける意味なんてない。少しぐらい理想が高くても、実現できると信じること。そして続けることが大切。ダイエットに対する目的意識を維持する上でも効果大。

キャベツダイエットとの相乗効果はじわじわと表れてくる。いつの間にか表情にもその効果が。イメージトレーニングはダイエットの一助になるだけじゃなく、きっとあなたに自信を与えてくれる。信じて頑張って。私も頑張ってるんだから。
posted by トキコ at 09:27| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月29日

ダイエットの達人って?

キャベツ食べてますか?ぼちぼちってところかな。それでいいんですよ。ダイエットは根を詰めてやるもんじゃありません。生活の一部です。生活の一部にならなきゃ、意味なんてない。

辛いとか、苦しいとか、そんな気持ちがあるうちは、ダイエットがまだ身に付いてない証拠。キャベツはもう主食として定着してるでしょ。そう、あなたにとっての、ご飯。パン。パスタ。

トッピングの工夫でバリエーション増やす。元々主食ってのは、味気ないもの。そこをどうやって美味しく食すか。ここが頭の使いどころ。ダイエットじゃなくて、料理の腕とアイディア。

ダイエット中だからって、特別に気を遣う必要なんてない。毎日のことなんだから、たまには贅沢も許されていいじゃないの。あっ、しまったってことも。たまにだったら、ご愛嬌。じゃないと、ダイエットなんて一過性の熱病みたいに、いつの間にかあなたの頭の中から消えてなくなっちゃう。

そんなこともあったっけ。この程度の感慨しか後に残らない。山あり、谷あり。ダイエットに終わりはないんだから、そこは大らかに。スリムになったからって、元の食生活に戻したんじゃ、元の木阿弥。しまったと思ったら、次の食事で調整してね。
posted by トキコ at 08:57| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月28日

キャベツの頃

ヘルスメーターにも、傍目にもこれまでのあなたの努力は明々白々。ダイエットは成功。でも、一応ね。

もう洋服も何着かは買い換えたことでしょうね。肌の張りや色艶にも自信が持てて、自分でも満足なはず。ダイエットはあなたの生活習慣やものの考え方をも一変していることでしょう。

友だちや恋人の反応はどうでしょうか。きっと見違えるようになったあなたに驚いていることでしょう。でも、それだけじゃない。あなたの意思の強さや実行力にも同じように、いや、それ以上に敬意を抱いてるかも。

ダイエットは試みた人だけしかその難しさはわかんないもの。挫折した友だちはそのことを誰よりもよく知ってる。そうです。きっとあなたは尊敬されていることでしょう。

でも、そこは謙虚に。あなたはまだダイエットの完全な成功者じゃありません。開発途上です。気を緩めた瞬間から逆戻りなんてことにも。

初心を忘れないこと。キャベツを忘れないこと。ダイエット中であることを忘れないこと。理想の体型まであと一歩というところで、逆戻りなんて、玉手箱を開けた浦島太郎よりも悲惨。

これまで強い意思で頑張ってきたあなたなら、キャベツダイエットこれからもきっと続けられるはず。
posted by トキコ at 10:18| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月26日

ダイエット体験談は話半分?

ダイエットに行き詰まりそうになると、つい他人のダイエット体験談に目が。モチベーション・アップのためなら、これも効果あり。でも、他人と自分を過剰に比較するのは、考えもの。

個人差はダイエットに限らず何にでも表れるもの。ひとりやふたりの体験記がすべての人に当てはまるわけじゃないし、効果を保証するもんでもない。同じキャベツダイエットをしてても、キャベツの調理方法もキャベツ以外の食事の内容も量も生活習慣も同じじゃない。

つまりあなたと純粋に比較することは、しょせん無理な話。研究室に何カ月も缶詰になり、同じ条件で実験した結果じゃない。違いが出て当然。

それにインターネットや雑誌を否定するわけじゃないけど、話題性が選考して内容がどれほど正確なのか。わざわざ検証する人なんていないだろうし。ほんの小さな変化を誇大になんてことも…

ダイエットってタイトルが付けば、どんな記事でも注目を集めることできるわけだから。ちょっと前にあったよね、そんなことが。

ダイエットの効果は個人差が出て当然。情報に過剰に振り回されないで。
posted by トキコ at 09:19| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月25日

ダイエットを公言

キャベツダイエット、これまで密かに取り組んでいた人も多いのでは。失敗したときのこと考えると、成果が上がるまでは、友だちや会社の同僚にも内緒。失敗したとき、またか、なんていわれそうで、かっこ悪い。そんな気持ちじゃないでしょうか。

ダイエットなんてどこ吹く風って顔して、スリムになった自分を自慢したい。そんな人もいるでしょうね。

上手くいけば、同じ悩みを持つ人から羨ましがられ、ちょっと優越感味わえるかも。でも、密かに続けるというのは、孤独な戦い。もし、あなたが一人暮らしなら、もっと孤独。協力者はいないより、いた方がずっとスムーズにダイエットは続けられる。

そう、あなたが挫けそうになったとき、一言声をかけてくれる友だちがいるだけでも、全然違う。あなたがダイエットしてること知らなければ、ランチであなたがついうっかり揚げ物注文しようとしても、何もいってくれない。

それにダイエットしてることがみんなに知れ渡ると、なかなか後には引けなくなる。維持でもキャベツダイエット続けなきゃって心境に。このプレッシャー、かなり大きい。

あなたが頑張ってる姿見て、友だちもダイエット始めるかもしれない。密かに成功して自慢したいなんて思わないこと。友だちも巻き込み、いい意味で競うことも継続の秘訣。お互いが監督役になる。意地の張り合いは避けなきゃいけないけど、適度な緊張感はダイエットを続ける上で強力な武器。
posted by トキコ at 08:41| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月24日

ダイエット日記

ダイエットを続けるには、モチベーションを維持する工夫が大切。キャベツダイエットもしかり。わかりきったことかもしれないけど、日々の食事内容をチェックする上でも、ダイエット日記は効果大。

毎日の食事の内容だけじゃなく、その日の行動も一緒に記録すること。これお勧め。そうすることによって、日々の運動量も把握できる。改めて運動不足に気付かされるかもしれないけど、そのことを知ることもダイエットを続ける上でとても大事。

キャベツダイエットだけに頼るんじゃなく、日々の生活態度を改善しなくちゃ。そうすることによって、相乗効果も期待できる。もし、食べ過ぎたら、運動で調整することも、工夫のひとつ。ダイエットにはならなくても、防止には役立つ。

運動といっても、何も本格的に取り組む必要なんてない。電車通勤してる人なら、一区間歩くだけでも、効果絶大。朝は時間的に無理でも、帰りの便なら、挑戦できる。何も毎日にこだわることない。少し食べ過ぎたときやカロリー高過ぎたかなと感じたときだけでも。ダイエットはトータルバランスで。

日々ダイエット日記を書き続けることで、充実感や満足感も生まれる。文字で記録に残すことは、それだけでダイエットに対する入れ込み方に違いが。反省点も浮かび上がってくるし、新たな闘志も沸いてくる。

これだけ頑張ってる。そのことを自分に言い聞かす。目的を達成できないわけがない。これこそがダイエット継続のモチベーション。
posted by トキコ at 09:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月23日

ダイエットに終わりはあるのか

お嬢さん、キャベツダイエットを始める前の体重はいくらでしたか?そしてあなたの理想の体重は。ダイエットも3か月も続けると、5キロぐらいは既に減量に成功していることでしょう。

まだ1キロか2キロですって。それでも、キャベツダイエットは十分効果を上げています。ダイエットを始めていなければ、今頃は以前と同じか、以前よりも肥っていたかも。そのことを考えれば、小さな一歩でも、前進は前進です。

速効は何度もいうように最初から期待しちゃダメ。ダイエットをウサギとカメに例えるなら、カメ。ゆっくりとあきらめないで最後まで頑張る人の勝ち。三歩進んで、二歩下がる。それでも、一歩は確実に前進です。

キャベツダイエットに賭けたんだから、脇見は禁物。半年間は続けて。他人の劇的な成功例と自分を比較して悲観しないで。どんなことにも個人差はあるもの。ダイエットの条件は千差万別。同じキャベツダイエットでも、差が出るのは当たり前。

特に雑誌の取材記事なんかに振り回されないで。短期間で20キロ、30キロ。なんて実体験が写真付きで報じられても、それはそれ。そういう人もいるかもしれないけど、話半分程度に軽く流して。

目先の5キロ、10キロに一喜一憂しないで。今減量した分、10年後も15年後も維持することの方がずっと大事。
posted by トキコ at 09:06| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月22日

ダイエットの本性

リバウンドだけは絶対に避けなければなりません。ダイエットを目指す人にとってリバウンドは失敗ではなく、敗北です。真逆の方向に向かうわけですから。

そろそろ危険信号が点滅し始めた人もいるでしょう。そんなときは、余裕で一休み。1日、2日またキャベツを抜きましょう。ダイエットにも休憩は必要ってもの。ご飯を食べるもよし、豆腐で気分転換なんてのも、どうでしょう。自分の好みの低カロリー食材をしばしのアクセントとして加えてみては。

そして再びキャベツダイエットにチャレンジ。少し新鮮な気分で取り組めると思います。どうでしょうか、洋服のサイズは。リフォームじゃ間に合わないって。買い換えですか。それはそれは物入りですこと。

でも、待って。リフォームでしばらくは我慢して。どうせリバウンドするから。いや、いやそんなこといってるんじゃありません。あなたはまだまだダイエット途上の人。これからも体型がどう変化するかわかりません。せっかく買った洋服がすぐに合わなくなったんじゃ、もったいないでしょ。

随分とヨイショするじゃないかって?そんなことありません。3か月も頑張ってきたあなたは、これからもキャベツダイエットを続ける強い意思があるはず。ダイエットに終わりなんてありません。目標の体型に辿り着くことができたとしても、それがゴールじゃありません。

ダイエットの成功とは目標の体型を維持することですから。
posted by トキコ at 08:43| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月21日

体重が減り始めたらどうしよう

あなたは不安に駆られていませんか。いや、おびえていませんか。キャベツダイエットがこのまま続き、体重が減るようなことにでもなったらなんて。

その心情よくわかります。本来の望みが叶えられるというのに、逆の心理が強く働いてしまう。これまでのダイエット経験がそうさせているのです。キャベツダイエットなんかで、やせるはずがない。期待は必ず裏切られるもの。

その凝り固まった観念はしばらくあなたの頭から離れることはないでしょう。でも、現実はどうでしょうか。確実にダイエットは進んでいます。そろそろ自分の目を信じるときです。

新たな一歩が刻まれました。キャベツダイエットは第1関門を通過しました。体調の変化だけじゃなく、体重の変化が表れ始めたんですから。さあ、ここからがダイエットの第2関門。喜びを束の間で終わらせるか、更にもう一歩踏み出すかの。

ここで気を緩めては元の木阿弥。ダイエットは振り出しに。いえ、それどころか、あの恐ろしいリバウンドさえ招き兼ねません。キャベツから解放されたいと思ってる人、特に要注意。脂っこい食事に猪突猛進なんてことに。おーこわ。

むしろキャベツダイエットの正念場はこの第2段階に入ってから。
posted by トキコ at 09:10| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月20日

キャベツに飽きたら

ダイエットってまるで宗教みたい。なんて声が聞こえてきそう。変な意味じゃなくて。でも、この考え方間違ってない。と思う。

キャベツを盲信しちゃいけないけど、キャベツにダイエットを賭ける気持ちって重要。手段なんてどうだっていい。最終目的は健康的にダイエットすること。

もしキャベツダイエットを信じてないなら、1日たりともこのダイエットは続かない。まあ、特別にキャベツが好きな人は別だけど。かりに特別にキャベツが好きだからといっても、茹でたやつを毎日じゃちょっと…

もうキャベツなんて見たくもない。効果が出始めた人の中にもこんな人いるんじゃないかな。せっかく望みが叶えられかけたのに、ここで止めたんじゃ、今までの苦労は何だったのって感じ。

一休みしましょう。1日か2日キャベツとはしばしの別れ。でも、気を抜いちゃダメ。低カロリーを貫くことは、絶対に忘れないで。ダイエット中ですよ。キャベツはなくても、ダイエット。

茶碗半分のご飯をいつもの3倍の時間をかけてしっかり噛んで。美味しいでしょ。そうです。キャベツを主食にしてた人にとって、何よりのごちそう。この感激、忘れないで。

また、明日からキャベツダイエット頑張ろうって気持ちがふつふつと沸いてくるってもの。でも、間違っても、勢いづいてがつがつ食べたりしないで。あくまでも、あなたは修行中の身なんですから。
posted by トキコ at 09:24| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月19日

ダイエットは体力勝負?

キャベツダイエットに取組中のみなさん、その後効果のほどはいかがですか。体調が何となくよくなった。体が軽くなった。お通じが改善された。いい兆候じゃないですか。

そのような変化が訪れたということは、少しずつ効果が表れてる証拠です。頑張って続けましょう。やがてヘルスメーターがあなたの努力を証明してくれます。初心を貫くことが肝腎。

これまでに数々のダイエットに挑戦しては、破れ。破れては、今度こそはと新たなダイエット法を懲りずに模索。そしてまた深い挫折感を味わう。終わりの見えないダイエットという戦いはいつ終息するのやら。

あたたは繰り返し繰り返し、これでもかというほど、ダイエットの難しさを身に染みて実感してきたことでしょう。

でも、あともう一息です。あと一歩。体調の変化は、ダイエットの効果が出始めた証拠です。この時期を見逃さないで。ヘルスメーターの針が指し示す位置に一喜一憂しちゃダメ。とにかくキャベツダイエットを信じて継続あるのみ。やがてヘルスメーターの目盛りはあなたの望む方向に。

キャベツの在庫大丈夫?毎朝欠かさずチェックしてね。
posted by トキコ at 09:03| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月18日

ダイエットすいすい

キャベツダイエットは順調ですか?無理せずに大らかに取り組みましょう。5キロ肥るにも、1週間や2週間ではなかったはず。そのことを思えば、1キロ、2キロダイエットすることがどれだけ大変か。またそれを維持することは、更に大変だということをあなたは重々承知してるはず。

体重に変化の兆しがそろそろ見え始めた人もいるでしょう。前進したかと思えば、いつの間にか後退し、元通りなんて人もいるでしょう。キャベツダイエットを始める前よりも肥った?ちょっと待ってください。やり方間違ってませんか。

キャベツを食べるために、カロリーの高いドレッシングをジャブジャブかけたり、脂っこい肉料理を一緒に食べてませんか。キャベツを食べることがダイエットの目的じゃありません。カロリーを抑えることによって、ダイエットする。これが本来の目的。どうかそこのとこ、はき違えないでください。

どうしてもキャベツが食べたくないときは、無理して食べるのはよしましょう。そんなときは、1日1食だけに。続かなければ、何の意味もありません。キャベツ抜きの食事のときは、その分ご飯やパンなどの炭水化物を控えましょう。それだけでも、随分と効果があります。食事の内容には常に気を配る。この習慣付けが大事。キャベツはダイエットの手段に過ぎません。
posted by トキコ at 09:06| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月17日

ダイエットの光と影

みなさんキャベツダイエット続けてますか。そろそろ飽きてきたところって?1週間や10日で結果を期待しちゃ、だめ。少なくとも、3か月やそこらは続けなくちゃ。

数字だけに目を向けるのは、早過ぎます。ヘルスメーターに八つ当たりしないでください。キャベツダイエットのお陰であなたの体の奥では小さな変化が始まっているかもしれません。もう少し経てば、喜びをかみしめることになるかも。結論を急がないで。

前にも書いたけど、キャベツだけに依存しないで。くれぐれも注意しておきます。キャベツがあなたの脂肪を取り去ってくれるじゃありません。キャベツを毎日食べてる反動に他の物をがつがつ食べてるってことないですよね。

もしこんな状況なら、キャベツを食べる量や食べる回数を減してください。目的がすり替わっています。あくまでもカロリー摂取を抑えることが、キャベツダイエットの目的です。

キャベツに飽きて他の物に手を出したんじゃ、ダイエットは逆効果。下手すると、淡白なキャベツとは対極の脂っこい肉料理をむさぼることに。

想像しただけで恐ろしい結末が。
posted by トキコ at 08:40| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月16日

キャベツを食す

もちろん、キャベツだけ食べてたんじゃ、栄養失調に。ダイエットになれば、何でもいいってわけじゃない。ダイエットに成功しても、ボロボロになったんじゃ、何のことやら。

キャベツを主食に。つまりご飯やパンの代わりにする。その分炭水化物の摂取を減らすことに意味が。でも、たまにはキャベツの代わりにレタスとか白菜とかもバリエーションに加えた方がいいかも。

まあ、それほど代わり映えはしないかもしれないけど、そこはダイエットという目的のため、少しでも工夫して継続あるのみ。

おかずは少な目に。しかも油分は極力控える。動物性タンパクは適度に。油を使わない調理法で。栄養が偏らないように、しかもカロリーも抑え過ぎない。仕事や家事で消費する分はしっかり補う必要が。最低限のルールを守んなきゃ、ダイエットは長続きしない。

効を急いちゃいけない。ゆっくりと時間をかけて。あなたが長年かけて蓄えてきた脂肪。1か月や2か月で落とそうなんて、どだい無理な話。くどいようだけど、効を急かない。健康のためのダイエットだという意識を忘れないように。このキャベツダイエット、魔法のダイエット法じゃない。

そしてキャベツだけに依存しない。よく噛む。よく噛めば、満腹中枢を刺激し、より早く満腹感が得られるようになる。何もキャベツダイエットに限ったことじゃない。すべてのダイエットの基本。

この庶民向きのキャベツダイエット、キャベツが好きで、大らかな気持ちで取り組める方には、お勧め。サロンに通う必要もないし、特別な準備も高額な投資も必要ない。それこそ始めようと思えば、今日からでも。とにかく気長にね。
posted by トキコ at 08:51| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月15日

ダイエットのためのキャベツ

さて、このキャベツを使ってどうダイエットするか。取っ付きは簡単なようだけど、簡単なことを長続きさせるのは、言葉でいうほどたやすくない。

キャベツダイエットの最もシンプルな手法。ゆでたキャベツだけを食べる。確かに大して手間はかからない。しかも、経済的。たまに野菜の値段が高騰することもあるけど、普通の人なら、それほど財布の負担になることもないはず。

しかし、これじゃあまりに味気ない。ある程度バリエーションが必要。でも、カロリーの高いサラダドレッシングをジャブジャブなんてのは、最悪。

目的はキャベツを食べることじゃない。キャベツを食べることによって、他の高カロリーな物を食べないようにすること。キャベツが脂肪を燃焼させるわけじゃない。

ダイエット効果はあくまでも副次的なもの。そのあたりのことちゃんとわきまえてないと、本末転倒。ダイエットとは反対の方向に向かうことがあるかも。

しかし、辛いね。ゆでたキャベツだけ食べるというのも。青虫じゃないんだから。ダイエットの手法としては、ほんとにオーソドックスだよね。でも、続ける自信ある?
posted by トキコ at 08:43| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月14日

キャベツの力

このキャベツ、ダイエットに用いるには、かなりの優れ物。というのも、食物繊維やビタミンCなどを豊富に含んでいるのに、低カロリー。100gあたり23kcalほど。ほとんどが水と食物繊維。

葉はやわらかく、癖のない味なので、色んな料理に応用できる。しかも品種を変えればほぼ一年中手に入る。冷蔵庫に入れておけば、結構長く保存できる。アイデアと工夫次第でバリエーションは豊富に。繊切りにして焼肉や豚カツの付け合わせにする程度じゃ、芸がなさ過ぎる。

ロールキャベツやスープの具にするだけじゃなく、日本料理にも応用できる。水炊きやすき焼きにだって結構相性がいい。もっとも、ダイエットとなると、何でもかんでもキャベツを使えばいいってもんじゃない。すき焼きはどうか控えめに。

ここで一点注意。繊切りについて。キャベツを繊切りして水に浸しておくと、水分を吸収して膨張するため量が増え、みずみずしさを保っているように見えるけど、ビタミンCなどの水に溶ける栄養素は減ってしまう。

ダイエットのためじゃなく、栄養を無駄にしないためにも、食べる直前に切るのが、もっとも理想的。

posted by トキコ at 09:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月13日

ダイエットはキャベツから?

キャベツ。キャベツ・ダイエットなるもの密かにブーム。そのダイエット法のブームはどこから。昨今ダイエットのダの字が付けば、注目を集めるのは珍しくない。でも、、ブレークするダイエット法となると、なかなか。

効果がすぐに表れなかったり、続け難いものだと、敬遠されてしまう。手軽で、無理なくできるものでないと、ダイエットは続かない。

ところで、キャベツ好き?嫌いな人、キャベツ・ダイエットは止めましょう。続きません。何ごとも好きこそが継続の大前提。

キャベツダイエットについて書く前に、キャベツについて少々。

キャベツは結球型の野菜。結球型なんて聞いて、ピンとくる人果たしてどれくらいいるのだろう?つまりあのよく見かける形。グリーンキャベツが有名というか、市場に一般に出回ってるのはほとんどがこのタイプ。ダイエットに用いるには、この種のキャベツがお手ごろ。

ちょっと変わった種類では、ムラサキキャベツ。 赤キャベツともいう。もちろん食べられる。生食、とくにサラダにはおしゃれな食材。キャベツダイエットに使ってもいい。見た目がきれいだし、ダイエットのモチベーションを上げるのにも、効果的かも。

ハボタンなんてのもあるけど、こいつは食えない。観賞用。株の中心部の葉が白や赤に染まり牡丹の花のよにみえるから、そう呼ばれるように。なんでも、江戸時代にオランダから渡ってきたキャベツを品種改良して生まれたらしい。どうして食えるもの、わざわざ食えないようにしたんだろう。げすな疑問だったかな。

しかし、キャベツダイエットよりもハボタンダイエットを考案した方がよかったかも。だってそうでしょ。見てるだけで、食べられないから、これこそ究極のダイエット。代わりに他の物食べれば、一緒だろって。おっしゃる通り。失礼しました。
posted by トキコ at 10:51| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。